一棟もので戦略を立てられた方は区分からスタートではなく、○○からはいかがでしょうか?

さて、昨日のコラムにてセミリタイアされたいという目標を持たれた方!!

 

融資を受けて物件を購入されるということをどう感じましたでしょうか?

 

よく、セミナーに参加した際、周りの参加者が不動産投資をしたいが、

 

融資を受けるのが怖い・・・

 

という話しをよくされています。

 

理屈を考えれば怖くはないんですが・・・

 

やはりひとそれぞれの考え方があるので、

 

借金が怖い人は無理に融資を受けることはないのではないかと私は考えております。

 

ただ、そんな際にも区分を現金で買われる前に一度思い立っていただけたら幸いです。

 

なににかというと、区分を現金で買うお金があるならば、中古戸建てを練習用に購入してください!!

 

しかも激安のものを!!

 

融資を受けることが苦ではない人は、

 

まずはキャッシュフロー優先で物件を購入されるようにまずは動いてください!!

 

この理由に関してはまたいつかコラムで書かせていただければと考えております。

 

区分よりも戸建てが良い理由

ここから色んな理由をお話ししたいと思います。

 

戸建ての方が全てに関して勉強できる!!

区分マンションは専有部しか関与できません。

 

戸建てだと、外壁からなにから全て自分で工夫しないといけないメリットがあります。

 

将来的に一棟にシフトしていく際に区分マンションしか経験していないと

 

一棟にシフトした際、また経験したことのないことに直面する。

 

例えば、外壁塗装・・・、ポストの問題・・・水道関係・・・ガス関係・・・

 

挙げればキリが無いぐらい!!

 

 

次の融資に有利になる

もし、戸建てで不動産投資に慣れてきた際、次に融資を受けてやっても良いぞ!!

 

と思った時のことを考えたいと思います。

 

区分所有の場合

次の物件を購入する際は区分所有で賃貸経営されているというメリットはありますが、融資を受ける際は手持ち資金と属性を見られます。

 

戸建て賃貸の場合

抵当権の設定されていない土地・建物を所有しているという大きなるメリットがあります。

融資を受ける際に手持ち資金と属性、ここに、この戸建てを共同担保に入れることが可能です。

 

これ、非常にメリットが大きく、融資金額が伸びない際にもこの戸建てを抵当に入れることで購入できるかもしれません。

 

また、某銀行では余担保(抵当に入っていない物件)が必要な銀行もあります。

 

ノンバンク系なので、他の銀行ではでないような物件でも融資してくれる可能性があります。

 

そういった物件は価格が安く、利回りの高い物件可能性が非常に高いので、

 

利回りの高い物件を購入することもできるようになるかも知れません!!

 

まとめ

戸建ては賃貸付けにも自分の工夫が非常に必要になってきます。また、セルフリフォームも必要になってきますし、とても勉強になるかと思います。加えて、融資を受けたいと思った際にも選択肢が広がっていくかと思いますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

私は区分から入ってしまったので、まだ今から購入される方は十分考えてから実施してみてください!!

 

かくいう現在私も戸建てを購入予定です!!

 

皆様一緒に苦労しながら楽しみましょう!!笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中