不動産投資に太陽光発電って結局どうなの? 不動産投資×太陽光発電は安定経営の第一歩です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

越谷大家です。

 

さぁさぁ、皆さんは物件買えてますでしょうか??

 

最近本当に利回りが低下してきております。。。

 

以前もちらっとお話しさせていただきましたが、

 

なかなか高騰する市況の中ですので、

 

越谷大家は少し違う路線に進んでおります。

 

それが実は太陽光発電でした。

 

物件の上に付けるのは当然ですが、野立ても現在3区画購入が決まっております。

(6月末に一つ、7月中旬に2区画決済です。)

 

モチロン、自分の投資判断に合う物件が出てきたら

 

銀行に持ち込んでおります。

 

そのため、昨日の銀行員との話しを伺うきっかけになりました・・・

 

昨日のコラムもご参考にしていただけますと幸いです。

 

銀行の目線が変わってきた。 一棟アパート・RC投資されている方は必見

 

さぁ、話しは戻りますが、

 

最近、

 

太陽光発電って出口が無いんじゃないの??

 

太陽光発電ってもう終わったのでは??

 

何故、不動産投資に太陽光発電なの??

 

という質問が来ており、

 

一つづつ回答しておりましたが、

 

隠すことではないので、公開しちゃいます!!

 

不動産投資×太陽光発電のメリット

この組み合わせ、非常に良い組み合わせだと私は考えております。

 

何故なら、以前からもお伝えしておりますが、

 

物件の屋上をほったらかしにして、遊ばせているよりも、

 

少しでも収益に繋げていけるからです。

 

ただ、これだけではありません。

 

太陽光発電をつけることによって、

 

①屋根が守られます。

 

②太陽光発電を付けたことによって部屋の温度が

夏は涼しくなります。(2〜3℃ぐらいらしいです。)

逆に冬は少しだけあったかくなります。(2℃ぐらいらしいです。)

 

③太陽光発電も物件に付くことで火災保険の対象になります。

なにかあった時の保険がここにも適応になります。

 

ただ、私はこの他のメリットを狙っております。

 

越谷大家の目線とは??

これは当然のことですが、

 

太陽はなくなりません。

 

つまり、太陽光発電の収入はパネルが故障していない限り発電し続けます。

 

モチロン、毎月の変動はありますし、天気による変動もあります。

 

しかしながら年間で見ていけば安定しているようです。

 

これを応用して皆さんも考え付くことだとは思いますが、

 

空室リスクがないので、

 

賃貸業の部分の不安定さを20年に渡って安定させるところにあります。

 

空室リスクの対策ですね。

 

 

ただ、全量買取の金額がドンドン下がっており、終焉に近づいています・・・

 

長くなりましたので、次回は太陽光発電の出口についてご紹介させていただきます。

 

やろうと考えている人は早めに動かれた方が良いかと思います・・・

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中