借換にかかる費用を大公開。 借換って本当に得なのか・・・??

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

越谷大家です。

 

以前から何度かコラムを掲載させていただきました、

 

借換の金消契約がやっと終わりましたので、

 

得なのか損なのか?

 

についてご紹介させていただけましたらと思います。

 

借換の金利

まずは、金利からご紹介させていただきます。

 

今回、区分マンションと一棟アパートの借換で動いておりました。

 

区分マンションの方を公開させていただきます。

 

890万円 23年 3.075%で某O銀行から借りておりました。

 

毎月の返済額が45,022円。

 

2年ちょっと払いましたので、

 

残債が835万円でした。

 

そして、借換先が信金です。

 

840万円 20年 金利が2%まで1.075%下がりました。

 

毎月の返済額が42,494円まで2,528円下がりました。

 

借換時に必要な費用は??

以上の毎月2,500円ぐらい下がるメリットがあるから良いね!!

 

と思われたかもしれません。

 

しかし、多少覚悟していたものの、

 

やはり借換時には色々と費用がかかってきます。。。

 

繰上返済解約金

ここの銀行の場合、

 

1年以内:繰上返済元本の2%

 

1年超3年以内:1.5%

 

3年超5年以内:1%

 

5年超:0.5%

 

が繰上返済の違約金としてかかってまいります。

 

私の場合、2年ですので、1.5%と意外とおっきい金額です。

 

125,261円かかります・・・

 

借換先での必要な金額

取り扱い手数料:54,000円

 

担保設定手数料:54,000円

 

印紙税:12,000円

 

登記費用:97,277円

 

印鑑証明3通・住民票1通:800円

 

振込手数料:648円

 

出資金:10,000円

 

合計:228,725円

 

借換する際に必要になった費用合計

先ほどの125,261円と228,725円で、

 

353,986円となりました。

 

それ以上に金利合計が下がっていれば、得をすることになります。

 

さぁ、、、

 

どうでしょうか・・・

 

計算してみました。

 

このまま残り3.075%で払い続けると

 

金利合計が2,994,740円でした。

 

やはり結構金利ってかかりますね・・・

 

それが、2%になったので、

 

信金では金利合計1,798,560円になります。

 

つまり、金利が1%下がったことによって、

 

払う金利が差額の1,196,180円下がりました。

 

つまり、やはり借換することによって得ということですね。

 

合計すると、借換時に30万以上費用がかかってしまっても

 

842,194円得したという結果になりました。

 

是非、もうこの銀行から借りれないな・・・

 

と思ったら早めに借換に動いてみると良いかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中