自分の購入できる物件を知るための行動〜融資編〜

おはようございます。越谷大家です。

 

さて、今回は自分が融資を受けることができる銀行・金額を把握し、効率的に物件を探すことをテーマに置いてます。

 

その前の段階として以前のコラムがありますので、

こちらも合わせてご覧くださいますと、今回の行動が活きてきます!!

 

初心者〜中級者編 今すぐできる!不動産業者さんから物件を紹介される人になるための第一歩!

 

初心者〜中級者が上級者と戦うために!!〜未公開物件の情報を得る方法〜

 

融資の受けられる銀行・金額を知る必要性

なぜこの銀行・金額を知ることが大切なのかと言いますと、

 

勿論、銀行からお金を借りずに物件を購入できるなら購入してます!

 

アパートを買えるだけのお金は全然ないけど、少しはあるし、レバレッジをかけて、よりキャッシュフローを得たい!!

 

という人には銀行の融資は必須かと思います。

 

でもA銀行で借りることができない人がA銀行目線の物件を気に入っても、

 

融資を受けることができるB銀行・C銀行からは借りれないということですと、

 

非常にシュミレーションに費やした時間・物件調査時間・考えた時間

 

全て無駄に終わってしまうからです・・・(経験・勉強にはなりますが・・・)

 

そのために、A銀行からは3,000万、B銀行からは5,000万の融資枠を持っています。

 

ということを知っていると自分も調べる時に購入できるか否かがすぐに判断できますし、

 

なにより、仲介担当者がこの物件はA銀行で組めそうだ。

 

物件価格も2,500万円だから○○さんに紹介しよう!

 

と判断して、物件が出るとすぐに連絡をくれるようになります。

 

こうすると、効率良くないですか?

 

でも実際、こういうことを実践している人は少なく、

 

「良い物件が出たら紹介してください!」

 

としか言わない人が多いんだとか・・・(仲の良い仲介担当者談)

 

これじゃどんな物件を探せば良いのか抽象的すぎて分かりませんね・・・

 

やっぱり具体的に話さないと!!

 

融資の枠の把握の仕方

ここで前回の話しが活きてきます!!

 

物件を問い合わせる本当の目的は、馬の合う仲介担当者を探すことです!!

 

まずは物件問い合わせで何回か会話をしていった後、

 

もしくは直接ダイレクトに

 

「自分の属性で買えそうな物件・融資をしていただける金融機関ってありますでしょうか?」

 

と素直に聞いてみてください。

 

そうすると、親身な担当者・やり手の担当者だとこういう金融機関が融資をしていただけると思います。

 

と教えていただけます。

 

ここで、

 

「まずは自己資金を貯めてください。」

「あなたの属性で買える物件はありません。」

 

と言われてしまっても諦めないこと!!

 

年収の低い人・転職したばかりの人でも借りれる金融機関はあります。

 

馬が合う人が見つかれば、

 

 実際にどのくらいの金額まで借りれるのかを一度調査していただきましょう!!

 

融資の額の調べ方

その金融機関の融資条件にあった物件をまず、

 

仲介担当者からできる銀行マンに当て馬的に打診をしていただきます。(打診するだけなので、欲しい物件でなくても大丈夫です。)

 

そこの反応から、どの程度まで自分が借りることができるのかが見えてきます!!

 

これが分かるだけで後は○○銀行目線の○○○○万円までの物件を探せば良い!

 

と逆から考えることができるようになるのです!!

 

是非物件から探すのではなく、○○銀行目線の物件を紹介してもらってから購入するかどうかの判断を行ってください。

 

そうすればむやみやたらに物件を検索しなくて済みます!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中